シロアリ駆除

シロアリ駆除

弊社のシロアリ駆除は、薬を散布しない「ベイト法」で行っています。
ベイト法は劇薬を散布しないため、体の弱いご老人や幼児やペットなどに優しく、また見つけにくいシロアリの巣ごと全滅させる最新の工法です。

シロアリ

ベイト法とは

ベイト法は、シロアリの習性を利用して防除する新しい駆除システムです。
シロアリは好ましい餌場を見つけると仲間を呼び集めて餌を巣に持ち帰ります。ベイト法はこの習性を利用して薬剤(ベイト剤)を発見しにくい巣(コロニー)まで運ばせ壊滅させます。 従来からの薬剤散布法は、家に侵入したシロアリを駆除し、土中から侵入してくるシロアリに対してバリヤーを張るイメージなので、ベイト法はシロアリ駆除において人にやさしく優れた駆除方法といえます。

ベイト法のメリット

薬剤の中でもかなり安全に入る部類であり、確実に効果があります。シロアリのように脱皮をしない生きものにとってはほぼ無害なので、匂いやシックハウスを警戒しなくて良いというのは、大きな魅力です。また、脱皮する昆虫以外のペットならば、そこまで薬の心配をしなくて善いというのも大きなメリットです。また、毒は巣穴にまで伝播するので、巣穴を直接攻撃できるというのも魅力です。巣穴で毒が伝播すれば、ほぼ壊滅寸前に追い込めるため、大きな効果が期待できます。

シロアリ駆除の時期

羽アリが飛び立つ時期は4月~7月ですが、羽アリを見てはじめてシロアリの存在に気づくことが多いので、夏頃に予防や駆除をするご家庭が多いと言えます。シロアリは6℃以下になると動きはややおとなしくなりますが、最近の住宅は断熱性能が優れていますので、シロアリにとっては「いつでも活動期」と考えていいでしょう。
そのためシロアリの予防の時期は真冬を除けばいつでも良いと言えます。

駆除方法

駆除に関しては次のステップで行います。
1.調査、ステーションの設置(罠の仕掛)
2.シロアリ活動状況の点検
3.薬剤の投入
4.駆除の確認
5.継続的なモニタリング


メール 電話